(九十)アスファルト乳剤

アスファルトの乳剤????

これは、まったくピンと来ませんでした(>_<)

一般人にとっては、なんのことやら、さっぱりわかりません(T_T)


◎アスファルト乳剤とは・・・

アスファルトは常温では、固体、半固体、

粘性の高いどろどろの液体で存在しています。

 

つまり、一般的には加熱して液状にして使用しています。

それを常温で取り扱えるように工夫したもの、それがアスファルト乳剤なのです。

~道路を造ろう~【森戸新田工区の場合】アスファルト乳剤1
乳剤の構造です(日本アスファルト乳剤協会様のHPよりの転載ですm(_ _)m)

 

◎何のために作った???

アメリカ人が1906年に特許を取得したのが最初で、
防塵、防水用に使われていたそうです。

その後、1915年ごろに道路用の材料として使用されはじめ、
砂利道の路面処理として使用されたのが最初と考えられています。

日本では、大正末期から使用をはじめ、
関東大震災の復旧工事で、施工が安価で簡便な工法として
舗装用乳剤を導入した簡易舗装技術が急速に発達したそうです。


◎乳剤を使用した簡易舗装

以前にこの工事で歩道の舗装時に「簡易舗装」という言葉を使用しましたが、
現在の簡易舗装は加熱したアスファルト合材を使用したもので、
先程書いた、以前の乳剤を使用した簡易舗装とは異なるものなんだって。

 

◎現在の乳剤の役目

道路舗装においては、各層の接着剤として散布するようです(゜o゜)

 

~道路を造ろう~【森戸新田工区の場合】アスファルト乳剤2
一面にまいています(゜o゜)

 

アスファルトって、とっても奥が深い・・・
もっと簡単に説明できると思っていたので、意外でした(>_<)


・・・と、また簡単に説明を終わらせた
おはまーでした。

 



追伸、
乳剤は、乳化させて「見かけの粘性」をなくしたものらしく、
水と分離(分解)することで、「粘結性」が増して、強度が現れるそうです。

※乳化:乳化剤を加えて、水と混ざるようにしたもの。

※この場合の分離(分解):水が蒸発してしまうこと。

また、最近のものは、散布しただけで、水が蒸発しなくても、
分解してすぐに硬化する乳剤もあるそうです・・・すごい(゜o゜)

・経験者求人(土木・管工事)

・未経験者求人(新卒・中途)

・企業情報

・土木工事1(チャレンジ道路)

・土木工事2(チャレンジ耐震)

・ブログ一覧(チャレンジ含む)

・お問い合わせ

見てね(^_^)/
見てね(^_^)/
埼玉県 コバトンマーク
タムラ・改善etc
品質管理文書
品質管理文書

72th Tamura-kgs

 

株式会社田村工業所

埼玉県川越市大字的場151

Tel: (049)231-2108